身体に良いことしかない!





砂糖抜きチャレンジを20日から初めて10日ほど経つ。

砂糖抜きチャレンジは

オンラインサロン の中でのチャレンジ企画として

私が提案し、自由参加でせっかくやるなら私と一緒にやる人いるかな?

というものとして企画させていただいた。


下腹が出てるのが気になるのと

砂糖を食べるのをやめたらものすごく肌が若返り

シワがあまり出なくなるということだそうだ

砂糖抜きチャレンジは

レベル1「白砂糖を全てから抜く」

レベル2「甘いものを全部やめる」

とあり、私は甘いものを全部やめるとした。

よく考えたら

物心ついた時から

「1ヶ月も甘いものを一切食べてない」

ことなんて無かった


あなたはどうですか?

ケーキもアイスクリームもチョコレートも

量は減ったけど

何気にちょいちょいつまむことを日常化してきていた

そこでこのチャレンジ

なかなか日々の中で

お腹すいた~よりも

甘いものが欲しいと感じる(意識的に)と

感じたことに気づいた事が大きな事

それまでは気づいていても

無視して速攻チョコレートへ、だったのが

ああ、甘いものってこうやって欲していたのか、と客観的に

脳→体への情報移行を理解できた

そして、

甘いもの抜きをするまでは、

旦那が炭水化物を食べないので、

なるべく炭水化物を控える風にしていたのもあり、

あまりパンを食べたい!とか無かったのが、

砂糖抜き、甘いものは食べないとなった途端

パンを見るとパンを食べたいと思い、

なんか、白いご飯が欲しいなあと思う

これ、明らかに血糖値を体が無意識にあげようとしているとしか

思えないような炭水化物を欲している感覚

こんな風に

「しれっと自然に」体は甘い物や、糖分に依存していたのか、

と気づく。

砂糖はハレの日の食べ物だったのが良くわかる。

砂糖抜きが終わったらチーズケーキやらアイスクリームやら

食べたいものはたくさんあるが、

砂糖を抜くと良いことばかりなので、

このまま

「砂糖製品や食べ物に興味がなくなる」パターンを維持できれば

いいのではないかと思うのだが・・・

取り急ぎ、コスモポリタンのサイトから引っ張ってきた

砂糖を抜くとこんなメリットがあります

情報をシェアしますね

1. 肌がきれいになる

その理由は、インシュリンの分泌量が減るから。砂糖を消費すると体がインシュリンを分泌するため、「炎症を引き起こし、皮膚のコラーゲンやエラスチンを破壊することになりかねません」とホープさん。「また、砂糖が消化されるとコラーゲンと結びつきます。砂糖が多すぎると、コラーゲンの働きに悪影響をおよぼし、お肌の不調やシワを増やすリスクが高まります。これらは砂糖を摂っていなければ、起こらないことです」。


2.元気になる

「糖分の多い食べ物はグリセミック指数が高いのです」とホープさん。それはつまり、血中に素早く糖が放出され、血糖値の急上昇が促されるということ。

すると一旦はエネルギーレベルが上がるけれど、その後インシュリンが血液から細胞内に糖分を取り込むため、急激な血糖値の低下が起こり、エネルギーの不足を感じて、さらなる糖分を求めるという悪循環に陥るそう。

「糖分への依存を断ち切れば、急激なアップダウンがなくなり、エネルギーレベルが1日中より一定に保たれて、非常に快適になるでしょう」とホープさん。「血糖値のバランスを保つために、間食にはタンパク質や健康的な脂肪を豊富に含んだものを選びましょう」。


3.体重が減る

必ずとは言えないものの、しばしば砂糖断ちによる大きな副産物の一つに挙げられるのが“減量”。「砂糖は栄養にならない上、グレリン(飢餓ホルモン)の働きを活発化させるため、食欲が刺激され、食べ過ぎたり、満足感の続かない食べ物を口にしやすくなります」とホープさん。

また、砂糖の摂取はカロリーの増加にもつながり、砂糖入りの紅茶を1日に3杯飲めば、それだけで92キロカロリーに(砂糖24グラム=角砂糖6個分の場合)!

「それは、知らないうちに、1日の総摂取カロリーの5%にもなっています」とホープさん。「1日当たりの砂糖の推奨摂取量は30グラムですから、これは相当な量です。砂糖の消費量を制限することは、栄養のない無駄なカロリー摂取や、カロリーの過剰摂取を減らすことにもなるのです」。


4.ぐっすり眠れる

「砂糖を多量に摂取すると、眠りのリズム調節に不可欠な、脳内のメラトニンの分泌を遅らせることになります」とホープさん。その上、睡眠不足は砂糖への欲求を強めるため、さらなる悪循環に。「研究によると、睡眠不足は血糖値のアンバランスを招き、さらに砂糖を食べたくなるそうです」。


5.内臓がより元気になる

普段から多量の精糖を口にする人は、飽和脂肪酸を過剰に摂取し、食物繊維をあまり摂らない傾向があるそう。ところが砂糖を避けるようになれば、その分食物繊維の豊富な果物や野菜、ナッツ、種子類、全粒粉などを口にするようになるので、内臓にも良い効果が。

「これらの食品は内臓における健康な微生物叢の数を増やす働きがあるため、内臓を健康にします。さらに、毒素を排出し、蠕動運動(ぜんどううんどう=食べ物を消化するための消化器官の働き)を促し、食物が大腸を通過するのにかかる時間を減らします」とホープさん。


6.精神的により健康になる

甘いものと心の健康にも何かつながりがありそうだと思っている人も多いのでは? 実際、最新の研究によって、「砂糖の多量摂取には、うつや不安などの精神衛生上の問題を引き起こすリスクとの関連が認められています」とのこと。

特に砂糖との関連がはっきりしているのが“不安”だとホープさん。「砂糖の摂取が不安の直接原因というわけではありませんが、血糖値がアップダウンするローラーコースター状態が続くと、アドレナリンとインシュリンが分泌され、すでに不安を抱いている人の状態を悪化させる可能性はあります。大切なのは、砂糖断ちによって不安を解消することはできないけれど、不安と関わるいくつかの症状を緩和することはできる、と覚えておくことです」。


7.気分がよくなる

これはすべてホルモンのなせるわざ。「砂糖は新しい脳の神経細胞を作るのに必要な、BDNF(脳由来神経栄養因子)と呼ばれるホルモンの分泌を抑制すると言われています。気分が落ち込みやすい人はこのBDNFの分泌量がそもそも少ないため、砂糖を摂取するとさらに(BDNFの分泌が減って)気分が落ち込み、うつ状態になりやすくなります」とホープさん。砂糖断ちをすればBDNFの値が改善するため、結果的に気分もよくなるというわけ。


8.肝臓の働きがよくなる

「余分な砂糖(特に果糖)や甘味をつけた飲料は、非アルコール性脂肪肝疾患と強く結びついています」とホープさん。「果糖はグルコースなしには肝臓で代謝することができないため、過剰に摂取すると肝臓の周りにたまるのです。砂糖を制限することは、非アルコール性脂肪肝疾患のリスク軽減にも役立つということです」。



今後のYukorology ワークショップのお知らせ*

  • 5月30日(日)10:00(日本時間)

「人生は営業!女性が稼げる生き方」

ゲスト:山下 緑 (TSL トップセールスレディ育成塾講師)

  • 6月10日(木)12:00(日本時間)

「クリスタルの会」

ゲスト:清田倫代さん(香りと宝石の錬金術師:サロンサンティエ主宰)

  • 6月10日(木)20:00(日本時間)

「新月の会 金環日食スペシャル」

お話:いわさきゆうこ


  • 6月13日(木)10:00(日本時間)

「グループ鑑定」

鑑定:いわさきゆうこ

  • 6月15日

「ヨガ部」

ゲスト:サントーシマ香さん

(ヨガ講師、アーユルヴェーダセラピスト)

  • 6月20日(日))15:00(日本時間)

「願望実現のお話会」

お話:いわさきゆうこ




おんらいんサロンYukorology (月額2200円 2週間お試し無料)

入会はこちらです

147回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示