top of page

本当に豊かになりたいなら


最近日本から取り寄せた本を読んでいるのだけど

その本がなんとも感動的。


木々は会話するという本である。



そうシャーマニズムでは必ず全てのものに意識があるから

どんなものでも会話できると教わる。木なんて明らかに

会話できるに決まってるやん、といつも思ってきたけど

この本にはちゃんとネットワークが出来ていてコミュニティによって

助け合って木は育ったり、コミュニケーションをとっているということを説明してくれる本で、とっても面白いものだった。


私たちも一匹狼ではなかなか生きれない。

こないだ、私が頭をかち割って怪我した話をポッドキャストで

シェアしたのだけども、その時に感じたことは

「人は誰かの役に立ちたい」と

本能的に思っているんだな、ということ。

血を流した私をみて、10人くらいの人が(野次馬だけども)

すぐよってきてくれて、5人の人は救急箱を持って駆け寄ってきてくれた。


そんなふうに心配して、

助けようとしてくれる人たちを見て、

胸がいっぱいになって、本当に有り難く感じるばかりだった、

人の優しさに触れることで人は優しさをまたシェアしていけると

思うので、自分自分を満たすことがある程度終わったら

人を満たしていくことに注力していくことって

大切だと思っている。


これまでいろんなワークショップや話をしてきた中で

ほんと、お金を払っても情報受け身の人が多い。

インプットしても私も受ける側としてはそうなるけど、

すぐアウトプットしたり、行動に起こすように工夫したい。


お金を払って満足しちゃう人も多い。

でもそれを私にいただいて、収入にしているんだけど

行動を起こしてもらえなければなんだか消化不良とも言える!

(そりゃ私の能力の問題かもだけど)

それ以上に一部何かできることがないかなと思っていて。

私が収入の10%をオーストラリアの

自然保護の団体に送っているのはあるんだけども、

一人でそれやってるよりも

みんなが関わるのは楽しいかもな、と思ったので


11月27日から満月の日にやっている交流会の参加費用を

全額寄付するやり方に変えようと思った。

私たちがだべっているその時間を

誰かのために使えるんちゃうかなと思って。


私たちは本当に裕福で、食べるものに困ったことがあるひとは

ほとんどないと思う。(私はある意味あったけど)でもそれでも

同じ日本の中でも困っている人がいる、子供たちが

十分に与えられてない人もいる。ほったらかされて

死んじゃう猫たち、犬たち、動物たちも人間の都合で殺されたりして大変。


昔は自然が豊かな場所だったのに、開発が進んで木々の森が壊され、

動物たちが絶滅するようになったり、

何かと地球でお困りごとがどこかであるのにも関わらず

オンラインでワイワイ満月に自分の話だけして満足というのは。。。うーんという感覚に

陥った。


だけど、別にそういうボランティア団体をしたいわけでもない。

でも私の知っていることや占星術のことをシェアすることで、

誰かのためにもなるかもしれん。。。で、それをやめたいわけでもないから

ハイブリッドにしてみるのはどうか、

と思ったので、


11月27日から満月の交流会は

参加者の参加費を全額どこかの団体へ寄付することにしました。

参加してる人たちとみんなで、毎回寄付先は決めたいと思います


参加するだけで社会貢献なりますんで皆様もこういうムーブメントに是非。


本当に豊かになりたい人は

ペイフォワード。




閲覧数:143回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Yorumlar


bottom of page