店から食料が消えた日


(この写真は素材からで、実際現地の写真ではありません


この1週間の事なんだけど。

新月前の

冥王星山羊座27度月と重なる日、大雨が連日降り続き

私の住んでいる地域がいきなり大きな災害地域となった。

膝上まで浸水したところも何箇所もあり、

一番ひどいのは

街がすっぽり浸水してしまったというリズモアというところ。

しかも、久しぶりにこないだ何回か行った街で、

久しぶりに行ったので、ちょっとぶらっとしてみようと

街中を歩き、少しショッピングをしてみたところだった。

だから余計衝撃が走ったのだけど、

旦那がちょうど先週まちの大きい通りの一角にあるビルに

シェアオフィスを借りたところだった。

それでパソコンとプリンターを持っていくのを手伝ったついでに

ランチをしてぶらついて帰ってきたところ。

その辺り一帯は2階のところまで浸水してしまった。

街は壊滅状態で

街中のオフィスやお店街はともかく、

その周りを囲む家も浸水し、人々は救助を屋根の上で夜中待っていたような状態だった

次の日も止まず、

その次の日に雨が止み、水が街中から抜けた様子を動画で見ると

泣けた。旦那はオフィスに持って行ったものを

取りに行った際、撮った動画は

廃墟でしかなく、津波の後と全く同じ映像でしかなかった。

その次の日、

私たちの隣町バリナは川沿いにいろんなお店やオフィスがあるが、

その川が満潮時に氾濫して、

膝下までまさかの浸水。晴れているのに、どんどん水位が溢れていった。

水があちこちに溢れ、車は通行止、また多くの避難している人達で

溢れていた。その煽りを受け、私たちの街は

多くの人が行き交い、

みんな食料を買い始めたし、そして、何より

洪水の影響で、

主要な道路、交通網が遮断されてしまったため、

食料とガソリンが街から消えてしまった。

シドニーからの主要道路が通行止めになり、北からの道路も通行止めとなり、

私たちの地域が孤立した状態になって、

スーパーから新鮮な食料が一気になくなった。

学校はその影響で1週間休み。wifiは遅くなり、電話も通じなく、

もちろん洪水の被害にあった街は電気も、綺麗な水もなくなった。

しかしながら

幸い私達の住んでいる地域は、

影響を受けていないので、wifiが遅いくらいで

私の家は全く問題はない。

地震は起きたら

わかりやすく、災害と認識できた。

でも洪水は実際その被害が徐々に来る。もしかしたら

大丈夫かも、と呑気に構えていたらあっという間に大丈夫ではなくなるのだ。

まさかそんな大雨が予想されていても

信じていなかった人もたくさんいただろうと思う。

私もあまり考えてもなかった。

だから

災害はいきなりやってきたように感じる。

そしてその影響でいきなり食べ物が買えなくなった。

そして地域一体はあまりwifiが使えない。

だからカードでものが買えなくなり、現金だけというとこもある。

コロナ後の新しくなった世界は災害に弱いということがわかった。

通信網がインターネットに頼っていても動かなければ意味がない。

お金も銀行持っていても使えなかったら意味がないのだ。

スーパーはカードはしばらく使えるところがなかった。

スーパーから食べ物が消えた理由は、

主要な道路が洪水により通行止め、高速道路が南から、北から遮断されて

食料が届かないということ。

すぐスーパーで何か買えることも

ある日、当たり前でなくなるのだ。

私たちの世代はほぼほぼスーパーマーケットという

巨大商店に人生を作られてきたといっても過言ではない。

でもその時代が変わろうとしている

自給自足という事はこれからまた「安心」を得るために

必要になってきた。

スーパーで食べ物は育たないのだ。

そしてスーパーに売られている食料に少しずつ

毒が混入されてきた。そしてあたかも、何も悪くないように

売られてきた。

このサイクルを断ち切るには

絶望的な壊滅か、

消費者の私たちが選択を意図的に変えて行くしかない。

食料品がスーパーから消える日を体験してしまうとやっぱり考える。

ありがたいことに

うちでは食料を趣味で作っているので

なんとか食べようと思うと食べれるものがある。

旦那の趣味でやっている事はめんどくさい事もたくさんあるが

何があった時に「安心」を与えてくれるものであったと認識できた。

自給自足で生きる事も、可能なのだ。

そして、先週今週は学校がないので

子供がいながらも災害のお手伝いに行きたいいけないジレンマを抱えながら

出来る事は何かないかしら、と思いながら物資を持って行くこと、

お金を振り込むという事に行き着く。

これから街が復興するためにできる事、少しづつ。

(実際の浸水地域の家のヘルプに行った人々は、

壮絶な光景で、水がすぐ引いたあとは下水の臭いが立ち込め、

腐った物、汚水、有毒なケミカルなどが全部水に流れ込んだので

異様な臭いと危ない状況だそう。

一部のガソリンスタンドからはガソリンが漏れて、ものすごく危険な

時もこの1週間であった)

何よりも、この街の住宅保険は

異常に高かった。以前洪水があったためにものすごく高い保険を払わないと

家に保険をかけれないし、商店、ビジネスは保険自体がかけれなかったそうだ。


考えてみて欲しい

自分の商売、所有している家に保険がかけれないところでの

この状況。


どうしていいのかわからない状態の人が何人も存在している。

私には何ができるのだろうか。と焦るけど。

今年は水害が多い、と言われている。

占星術的にも

水関連の被害というのは明らかに示されている。

水関連の気づき、意識を高める事も必要である。

川の近く、以前洪水等の被害があったエリアの近くの方は

今年は特に警戒しておかれることをお勧めする。

平家の方は特に保険がかけれるなら今年だけ、

保険をかけておくのもいいかもしれない。

水位が上がると、浸水する被害だけではなく、

水に浸かってしまったところから、家の一部が腐ったり、カビになったりするのもある。

いずれにせよ、

世界のどんなところにおいても、

スーパーから食料品が消える日があるかもしれないこと、

全てを失う事があるかもしれない事。

頭に置いておいてもいいのかもしれない。

もしこのことを読んで、募金できないのかなと思ってくださった方は

サイトがあります。英語ですが。

この洪水で家を失った

アボリジニー系の家族に向けた募金サイト

https://www.gofundme.com/f/bundjalung-community-flood-relief?qid=4cc1e6664ac71a3f2838ed9376c93a28

洪水で家をなくした方や影響を受けた人に向けて地域のレストラン関連の方が食べ物を提供するために

募金を募ったサイト

https://www.gofundme.com/f/flood-relief-cook-up?qid=4cc1e6664ac71a3f2838ed9376c93a28

Lismore市に直接募金をする事ができます。

私はこちらに直接送る事ができますので、

もし送って欲しいという人がいましたら私が日本円でお預かりして、

リズモア市に振り込む事ができます。ご連絡ください。

https://lismore.nsw.gov.au/flood-2022-information


閲覧数:249回0件のコメント

最新記事

すべて表示